きっと明日もいい天気

メモ用ブログ

書き起こし

基本的に揚力は翼の面積に比例する[1]が実はこれは細長い翼にした方が効率がよい[2]。しかしそこに強度の問題が発生する[3]。本当は強度あげたかったから二枚組とかにしたら翼の全長は長くできたんだけど、間の骨組みが空気抵抗になっちゃう[4]から遠くに飛べなくなるし、そもそも目的地遠かったからそこは妥協した..(チャイム)

 

[1]揚力は翼面積と動圧に比例

[2]細長い=アスペクト比が高い翼ほど誘導抗力が小さくなる

http://www.jal.com/ja/jiten/dict/p051.html

[3]片持ち翼の場合、翼根でせん断力、曲げモーメントが最大となる

アスペクト比の場合、曲げモーメントの増大、たわみによる座屈等々考えなきゃいけない

[4]抗力は前方投影面積と動圧に比例